総合トップへ熊本市リンク集サイトマップ
   ホーム  >  議会構成

議会構成

◆議員

市議会は、選挙権をもつ住民の直接投票で選ばれた議員によって構成されています。

 

 満20歳以上の日本国民で、引き続き3か月以上市内に住所がある住民には、市議会議員を選挙する権利(選挙権)があり、また選挙権をもつ満25歳以上の人には市議会議員に立候補する権利(被選挙権)があります。

 市議会の議員定数は、市の条例により48人としています。

 

 市議会議員は5の行政区ごとに選挙されていますが、各区において選挙される議員の数(区の定数)は、その人口に比例して決められています。(中央区11人、東区13人、西区6人、南区8人、北区10人)

 

 市会議員の任期は4年と定められています。ただし補欠選挙で選出された場合は、前任者の残任期間が任期となります。

 

 現議員の任期は平成27年5月1日から平成31年4月30日までです。


 

議員名簿へ

 

◆議長と副議長

市議会には、議員の中から選挙により選ばれた議長と副議長がいます。


 議長は、市議会を代表するとともに、議会が円滑に運営されるように努め、議場の秩序を保ちます。また議会のさまざまな事務を監督し、処理することも議長の仕事です。
 副議長は、議長が出張や病気などで職務を行えないときなどに、議長の職務を行います。

 

議長のページへ

副議長のページへ

 

◆会派

 市議会では、同じ主義・主張をもった議員が集まって会派を結成し、活動しています。

 

   自由民主党熊本市議団 17名

   市民連合 9名

    公明党熊本市議団 7名

  くまもと未来 4名

   日本共産党熊本市議団 3名

   くまもと創生 2名

   市政クラブ 1

   日本の教育を考える会 1

   自由クラブ 1

   善進会 1名

   地域創世 1名

    和の会くまもと 1名

 

現在、熊本市議会では、1名の所属議員でも会派となります。

ただし、議会運営委員会等での交渉会派は所属議員数3名以上を条件としており、代表質問を行うことのできる会派の要件については所属議員4名以上としています。また、各委員会の委員長などの割り当てや、予算決算委員会総括質疑での発言時間などは各会派の所属議員数に比例して決められています。

 

 

◆会議体の構成

市議会では、定例会などにおける本会議をはじめ、話し合いのためのさまざまな会議体があります。

kaigitai 

 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 ホーム